ばぁど・うぉっちんぐ

セキュリティを頑張りたいプログラマ。自由と春を求めて羽ばたく渡り鳥。

Drupal Camp Den Japan 動画が公開されていたのでいくつか見てみた

ばぁどです。

以前参加したDrupal Camo Den Japan Vol1.0の動画がYouTube で公開されていました。

限定公開で公開されております。 URLは貼ったらまずそうなので、下記ページより各自飛んでください。

drupal-camp2018.den-japan.org

個人的に興味があった動画をみたのと、軽い感想です。

Track B 11:10 - 11:30 Drupal on Kubernates

Kubernates という次世代のWebアプリ作成のための環境構築手法について触れていました。

よくK8sと略されていますが、個人的にはセンスすごいいいなと思っております。K[ubernate]sの[]内が8文字なので、K8sなんですって。

個人的には Docker の時点でついていけていないので、まずはDockerかなぁ・・・(アハハ

kubernetes.io

www.docker.com

Track B 11:40 - 12:00 Drupal 情報カタログ 2018(Drupal Info Catalog 2018)

Drupalの情報の集め方についてのセッションでした。 独学で勉強する時、情報がどこにも転がってなくてすごい苦労した思い出。 コミュニティに飛び込むのは僕もすごいおすすめです。 あるところには、情報はあるんだなーと感じた。

Drupal いまだに日本語の情報が少ないだよなー。 少しずつ多くなっている気はするが。。。 英語ならDrupalの本、オラクルからも出ているのに・・・

Track B 13:00 - 13:20 オープンソースコミュニティ運営手法

このセッションすごい面白かったです。

多分、エンジニアの方々でコミュニティを作っていきたいっていう方は結構いるんじゃないかなー?

学生時代に色々と団体活動を行なっていたけど、やはりこういうコミュニティは活動はすごい重要だなと思いました。

いつか何かしらのコミュニティ活動は運営してみたいなーという野望は抱いております笑

Track B 14:00 - 14:20 エンタープライズ向けDrupalソリューションのAcquia全貌と最新事例

Acquia さんのお話でした。

日本でついに設立!!待ってました!!

個人的には、セッション最後のQ&Aの時のDrupalの資格の日本語化が一番嬉しいニュースでした。

Track B 16:00 - 16:20 Drupal IoTの可能性~ハードウェアベンダーから見るDrupalの魅力~

個人的にこのセッションが一番Druoalの可能性を感じることができたセッションでした。 他のセッション見ていても、どうしてもDrupalCMSとして扱っている事例しか紹介していないんですよね。 その中でもこのセッションだけは、本当にデータを扱うためのDrupalとして活用しようとしている事例をあげてくれていたなーと感じました。

まとめ

少し雑だったかもですが待ちに待ったセッション動画の配信だったので記事にしちゃいました。 勉強会の動画、このように配信してくれると参加できなかった場合でも後から観れるからとても助かります。

ありがとうございました。