ばぁど・うぉっちんぐ

セキュリティを頑張りたいプログラマ。自由と春を求めて羽ばたく渡り鳥。

情報処理安全確保支援士「登録者公開情報」の検索・閲覧サービスが開始されていたお話

どーも。ばぁどです。 情報処理安全確保支援士です。

サービスが開始されました

情報処理安全確保支援士の検索・閲覧サービスが開始されました。

riss.ipa.go.jp

IPAからはサービスが提供されるまで、csvでのみ提供されていたので、実際にこういうサービスは欲しかったところ。

自作しようかなとも思っていたのですが、csvの個人情報を持つデータをDBに格納するのは避けたかったので、手を拱いていたところでした。

どんなサービスなの?

検索サービス

情報処理安全確保支援士として登録している情報を検索することができます。

f:id:UltraBirdTech:20180805200756p:plain

検索できる情報は下記。

  • 登録番号
  • 登録年月日
  • 氏名
  • 自宅
  • 試験合格年月日
  • 講習終了年月日
  • 得意分野
  • 保有スキル
  • 勤務地
  • 勤務先名称

また、検索結果はcsvとして出力することも可能です。

登録情報変更サービス

また、情報処理安全確保支援士には ID が事前に通知されており、ログインして自身の登録情報を変更することができるようになりました。(地味に嬉しい)

f:id:UltraBirdTech:20180805200721p:plain

ここが惜しいぞ!!

IDを統一してほしい

今回の情報処理安全確保支援士検索サービスがサービスインしたことで、情報処理安全確保支援士になるとIDが2つ付与されることになりました。

一つは研修を受けるためのID / Password。

もう一つはこの検索サービスへログインするためのID / Passwordです。

うーん、IDの統一はすることできなかったんですかね(運営している会社違うから難しいか・・・) 管理するIDとpasswordが増えるのは少し煩わしい。 思わず、同じパスワードにしたくなりますね!!(絶対ダメです)

変更できる情報が制限されている

Web上から情報処理安全確保支援士としての登録情報を変更できると前述しましたが、変更できる情報には制限があります。

基本情報とされるものはWeb上では変更できず、郵送での変更のみ対応しているそうです。

  • 氏名
  • 氏名(ふりがな)
  • 勤務先名称
  • 勤務先住所

うーん、Web上から変更できてもいいのではないだろうか・・・

まぁ頻繁に変わるような情報でもないから、いいのか。。。

ダメなのかなー

まとめ・感想

情報処理安全確保支援士の検索サービスが公開されました、よと。

どんな情報処理安全確保支援士の方がいるかがわかるようにはなったはずなので、少しは制度の活用が進めばいいなと思います。

本当は、サービスリリースしてすぐに記事書きたかったのですが、時間が経ってしまった。 ブログ内容がお蔵入りする前に公開できてよかった。